③芸術&文化の発信地【嘉義】

 

最後にご紹介するのは、台中から少し内陸へ向かった位置にある【嘉義】(かぎ)エリア。

こちらは日本でもヒットした台湾映画の舞台としても知られ、文化&芸術的 な見どころ満載。台中・台南観光の際、足を延ばして訪れたいエリアです。

 

<嘉義エリアの定番スポット>

国立故宮博物院南院

◆アジアの文化と芸術が彩る美術館でアートに触れよう

まず足を運んだのは、台湾を代表する観光スポット・国立故宮博物院の分館として2015年に誕生した「国立故宮博物院南院」。現代的でシャープな建物の周りには、人口湖やモニュメントが配された広大な公園があり、散策も楽しめます。

 

オシャレなアイスが並ぶカフェもあり、歩き疲れたら一休みできます。

住所/嘉義県太保市故宮大道888号

 

<嘉義エリアの注目イベント>

台湾ランタンフェスティバル

 

 

◆来年の開催地が決定!台湾が誇る明かりの祭典

台湾最大の観光行事、明かりの祭典・ランタンフェスティバル。毎年開催地を変えて開催されており、趣向を凝らしたさまざまなランタンが並ぶ様子は圧巻!なんとランタンの中には、日本から出展したものも。

 

 

見慣れたキャラクターに懐かしさがこみ上げます。2018年には新潟県もトッキッキや佐渡のたらい舟のランタンを展示しました。

 

 

来年の開催地は、台湾で2番目に大きな島南部の街・高雄から少し南に位置する屏東にある「大鵬湾」周辺エリアに決定。台湾最大の明かりの祭典に足を運んでみませんか?

 


 

今回紹介したエリアの他にも、台湾には見どころがいっぱい。

言わずと知れた台湾の中心都市「台北」はもちろん

 

有名アニメ映画の舞台を彷彿させる雰囲気が人気の観光地「九份」

 

海や港、運河に囲まれたウオーターフロントに高層ビルが並ぶ世界有数の貿易港「高雄」、

 

そして最近注目を浴びているのが、雄大な自然が広がる島東部最大の都市「花蓮」。

花蓮は海沿いに広がる自然豊かな街で、台湾屈指の景勝地「太魯閣(タロコ)峡谷」への玄関口にもなっています。

 

魅力いっぱいの台湾情報は、便利な観光情報が満載の台湾観光局WEBサイトでもチェックを。出発前に見ておけば、台湾の旅をもっと楽しめますよ。

>>台湾観光局 公式ウェブサイトはこちら

 

新潟空港から便利な直行便の就航で、もっと便利に、もっと気軽に行けるようになった台湾。次のお休みは、台湾で心と体をリフレッシュしてみませんか?台湾の旅について詳しくは、発売中のKomachiでもチェックしてみてくださいね。

 

協力:ファーイースタン航空、台湾観光局/台湾観光協会