■新潟から約3時間で到着!週末台湾でパワーチャージ

 

 

新潟空港から、ファーイースタン航空の直行便で約3時間。あっという間に非日常的な異国・台湾に到着です。

最新のグルメやショッピング、活気とローカル感にあふれる夜市…。

魅力を挙げればきりがない台湾ですが、そんな台湾を愛するリピーターにこそおすすめしたいのが、島東部最大の都市「花蓮」

今まで知らなかった、新たな感動に出会える旅へ出かけましょう。

 


 

□自然に癒やされた後は街歩き。花蓮タウンを散策しよう

 

前回の記事では、台湾東部最大の都市「花蓮」を代表する観光スポット・太魯閣国立公園をご紹介しましたが、今回は花蓮の街中をご案内。

古い建物が多く残る花蓮は今、空前のリノベーションブーム。太魯閣で雄大な自然を満喫したら、街の雰囲気も体感しましょう。

 

□隠れ家感たっぷりのカフェ&グルメスポット「博愛街」

 

 

前回ご紹介した台湾スイーツショップ「一心泡泡氷」からほど近い場所にあるのが、こちらの「博愛街(はくあいがい)」。花蓮中心部の路地にある小さな街並み。こちらは約60年前「南京郵便局」の従業員宿舎だった歴史ある建物を再生したレトロな雰囲気が魅力。

路地の最奥には、看板犬に出会えるカフェ「斗。宅商社Cafe&Bar」が。

 

 

 

こちらでは、博愛街の中にあるお店のメニューを他店からもオーダーできます。今回は、おしゃれなカフェで、台湾らしい牛骨ダシの麺料理をいただきました。

 

 

外は暑いですが、涼しい店内でいただきます!

さらにお店の奥に入ると、秘密基地のようなテラス席が。

 

 

 

こちらで注目のメニューは、看板犬を模したマシュマロが可愛いホットドリンク。

ドリンクスタンドで飲み物を買ったら、また街歩きに出かけましょう。

 

 

■斗。宅商社Cafe&Bar

住所/花蓮市博愛街159巷7号

 


 

□工場跡が一新!花蓮の文化発信拠点へ行こう

 

続いて訪れたのは、さまざまなショップが立ち並ぶ「花蓮文化創意産業園区 a-zone」

 

日本統治時代は酒造、戦後は砂糖の製造工場として使われた歴史的な建物をリノベーションしたエリアで、現在はさまざまなショップが軒を連ね、花蓮の観光・アートの発信拠点になっています。

重厚で趣のある雰囲気の建物内には、モダンなカフェも。

 

 

 

写真の「K Show」では、台湾らしいドリンクやスイーツ、お酒も楽しめます。

 

 

ひと息ついたり、お土産を探したり…。広いエリアの中で、1日自由に過ごせそうですね。

 

■花蓮文化創意産業園区 a-zone

住所/花蓮市中華路144号
www.a-zone.com.tw/ja-jp

 


 

■お土産ならココで!おしゃれ雑貨がそろうショップ

 

 

先ほど紹介した花蓮文化創意産業園区からほど近い場所にあるのが、お土産選びにぴったりなこちらの雑貨店「O’rip生活旅人」。リノベーションされたナチュラルでおしゃれな建物です。

 

 

花蓮はココ!

 

「スローライフ」をテーマに、花蓮の文化を紹介する書籍や地元の雑誌などを販売。小さな店内には、ローカル色豊かなお土産がそろっているので、花蓮らしくてオシャレなお土産が欲しい…という時に訪れてみては。

 

■O’rip生活旅人

住所/花蓮市節約街27号

 

>>続いては、花蓮の街中でも歴史を感じられるエリアを散策!女子旅動画も要チェック