講師がサポートしてくれます

いよいよ最後の仕上げ。版画体験では単色刷りで、バレンを使って作業をします。
体験中は地元の講師が付き添って教えてくれるので安心です。

道具はすべてレンタルできますが、汚れてもいい服装で参加しましょう。

バレンで版木の上にのせた紙を擦っていきます。微妙な力加減で圧をかけていくと、徐々におにぎりの姿が現れてきました。

 

ついにおにぎりの版画が完成しました!

約2時間半の体験もようやく終わりです。
丁寧に彫った木に色をつけて刷り上がった瞬間の喜びは格別です。
完成した版画はもちろんですが、版木を持ち帰ることもできます。
自宅でさまざまな色を付けて試してみてもいいですね。

 

参加者には特製グッズのプレゼントも!

参加者にはオリジナルデザインの木製コースターと絵はがきがもらえる特典も!
この日は朱鷺(トキ)のかわいらしいコースターをいただきました。

さらに、体験終了後には館内を無料で見学することもできます。
版画を作って、作品にも触れれば、芸術の秋を満喫できそうです。

 

 

佐渡版画村美術館
[住所]佐渡市相川米屋町38-2
[電話番号]0259-74-3931
[営業時間]通年9時~17時
[定休日]毎週月曜(月曜が祝日の場合は翌日休館)、12月26日~3月14日
[駐車場]あり

 

■体験プランのお問い合わせ・申し込み
一般社団法人 佐渡観光協会
[電話番号]0259-27-5000
[ホームページ]https://www.visitsado.com/enjoyplan/