ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、チームしゃちほこなど、個性豊かなアイドルグループを輩出しているスターダストプロモーションの福岡営業所に所属するメンバー6人で結成されたアイドルグループ・ばってん少女隊。2015年6月に活動をスタートし、“スターダストプロモーション100年に1組の逸材”と自ら発信することで、先輩グループの背中を追いかけるだけではなく、自分たちのスタイルでアイドルとして輝いていくことへの明確な意思表示をしている彼女たち。その決意通り、5月にはZepp DiverCity TOKYOにて、スカの要素を取り入れた自身の楽曲を最大限に生かすバンド編成のワンマンライブを成功させるなど、多くのファンの心をわしづかみにしています。

 

 そんな彼女たちが、10月7日(日)にで新潟初ライブを開催。このライブを前に来県したメンバーの希山愛さん、春乃きいなさん、星野蒼良さんに、いろいろとお話を伺いました。

 

 「初めて訪れた」という新潟で緊張した様子の3人でしたが、取材前に食べた新潟名物・タレカツ丼が「さくっとしてて、おいしかったです!」(春乃さん)という話をきっかけに、九州のおいしい食べ物の話で大盛り上がり。おすすめの食べ物を聞いたところ、希山さんはお土産に人気の西洋和菓子「博多通りもん」、星野さんは「水炊き(最初にスープだけ飲むらしい!)」を教えてくれました。

 

 場が和んだところで、インタビューは5月9日にリリースされた最新シングルの話題でスタート。作曲を阪井一生さん(flumpool)、作詞を高橋久美子さんが手掛けた表題曲「無敵のビーナス」は、リアル思春期を迎えている彼女たちの等身大のきらめきをぎゅっと詰め込んだ爽やかで甘酸っぱいナンバーに仕上がっています。

 

星野蒼良さん

 

星野「最初は誰が作ったかは知らずに曲だけ聴いたんです。爽やかさや切なさのあるメロディーが、とてもflumpoolさんっぽいなと思いました。今までの勢いのあるノリノリの曲とは全然違うけど、ドライブの時に聴いてほしいような、すてきな曲だなと感じました」

 

春乃きいなさん

 

春乃「『一人じゃないよ』って背中を押してくれるような歌詞で、すごく前向きになれます。特に『ちょっとずつ 大人へのファスナー下りてく』の部分は、サナギからチョウになるイメージが頭に浮かんで、きれいな表現だなって思ったし、成長していく10代の私たちにも合っていて、とても好きですね」

 

希山愛さん

 

希山「今までのばってん少女隊にはない雰囲気がある曲ですね。歌詞も一つ一つの言葉がすごくきれいで、情景が“ぱっ”て思い浮かびます。大人でもないけど子どもでもない、微妙な、10代の私たちだからこそ歌える歌だなって思いました。『自分らしくいていいんだ』って感じさせてくれて、すごく好きです」

 

 本作は、スカコアサウンドやロックサウンドなど、これまで彼女達が発表してきた楽曲とはタイプが異なるレトロな雰囲気が漂うアイドルソングです。

 

希山「レコーディング時に、高橋さんが歌ってるのを見守ってくださっていて、『あ~かわいい』とか『こんな風に歌うんだ!』ってたくさん声を掛けてくださってうれしかったです。最初に聴いたデモは男性の声で入っていたのですが、私たちが歌ったらすごくアイドルっぽく仕上がりました」

 

春乃「勢いだけで歌える歌ではないなと思いました。私は、語尾が雑になっちゃうクセがあったので、ハートを付けるイメージで歌っています。ライブでは、スカートを持ってひらひらさせる振りがあるんですけど、ファンの人たちもゆらゆらと心地よさそうに聴いてくださって、すごくうれしいです」

 

星野「最後のサビの前に、私のソロパートがあるんですけど、そこのメロディーも好きで、その後に急に静かになって最後のサビに入る流れもすごく好きです。ファンの方も『そこが好きだよ』ってたくさん言ってくださって、とてもうれしかったです」

 

必見! ばってん少女隊が新潟でライブを初開催!!(次のページへ)