GW直前、気温がグングン上がってきましたね。次に待ち受けるのは、うっとうしい梅雨、そして夏。

なんかこう、力の出るモノが食いたい…というところに、有力な噂をゲット。辛さと肉がコラボした、一度食べたらクセになる激辛鍋が登場したらしい。これは検証に行かねば!

新潟駅南口から徒歩3分、ドン・キホーテのは入っているビルの3Fにある、しゃぶ鍋食べ放題の「NS+」。ここのシステムは、昆布だし・すきやき・酸辣湯・鶏白湯・蒙古火鍋の5種類から、好みの2種類のスープをチョイス。その後、ずらりと並ぶ野菜、鶏・つくね・豚・牛などこだわりの肉、18種類の薬味を自由自在に組み合わせ、好きな味をカスタマイズしながら、たらふくいただけるビュッフェスタイル。

私の背よりはるかに高い看板が目を引きます。

入口に、真っ赤なスープの大看板発見。これだ! なになに、「蒙古火鍋(もうこひなべ)」? よーし、たのもー! 今回、蒙古火鍋の相方はさっぱりした鶏白湯に決定。辛さを鶏白湯で癒そうという作戦です。さあて、2019年4月デビューのうま辛鍋のお手並み拝見!

スープは5種類の中から2つをチョイス。火鍋の相棒はさっぱり系の鶏パイタンを!

初めましての「蒙古火鍋」は、牛骨でとった濃厚ダシに自家ラー油と唐辛子を合わせた特製旨辛スープ。

美しい紅白スープが映える!

ちょっと待った、真っ赤なスープに投入される、見慣れない赤い物体、それは?「四川料理で珍重される、朝天唐辛子ですよ」とスタッフ。

この朝天唐辛子こそ、スッキリした辛さと華やかな香り、抜群の旨みを発揮する、旨辛の要。さらに、唐辛子とナツメも入れてぐつぐつ。ナツメの甘みで辛さの角が取れ、奥行きのある味を醸し出す、ふ~む、深いぞ。

 

かつて「新潟WEEK!」の企画で、しゃぶ鍋のおいしい食べ方を学んだワタクシ、ここから先はお任せください。

いきなり肉を投入したいところをグッとこらえて、まずはきのこ・鶏つくね・ネギを入れてひと煮立ち。

ズラッと並んだ薬味は目移りしそうな種類の多さ!

刺激がほしい人はトウガラシやサンショウをもっと増やそう!

 

うま味をスープに加わり、よりおいしくなるんですよね~。準備が整ったら、薬味コーナーでセレクトした輪切り唐辛子、粉唐辛子、青ネギをはらりとかければ、「きのこがしゃきしゃき、つくねはふんわり」の火鍋が完成。

さぁ準備万端です!

 

次は、フランス産の鶏、アメリカ産の牛肉と、もやしとニラ、ネギを入れて、しびれ系の花椒を。辛さの競演、刺激のスパイラルに箸が止まらない! 

トウガラシがたっぷり…!

お肉を、ライドオーン!!

 

牛肉お代わり、モヤシも追加、豆腐で一休みして態勢を整え、唐辛子アゲイン! 

からー!うまー!!

 

流行りの火鍋が食べ放題だなんて最高、いろいろな組み合わせが何度でも楽しめる。胃袋が一つしかないのが実に残念…。

さて、満腹前にウラ技をひとつ。ホットデリコーナーで人気の唐揚げを火鍋に3つばかり投入し、しばし煮込みます。

唐揚げがスープにコクを加え、唐揚げの方も衣にダシがしみ込んで、一石二鳥。例えるなら、天ぷらそばですかね。そのまま食べてもおいしい天ぷらをスープに浸してコクをプラスする…のと同じ感覚です。だまされたと思って(だましてませんよ!)ぜひ味わってみてください。

 

名残惜しいが、そろそろ時間。〆はラーメンもよし、雑炊もよし。溶き卵で仕上げて、うまみがギュッと詰まったダシを余すことなく味わうべし。

麺もご飯も二刀流でイキます!

半熟のとろとろ卵がたまらん!

ラーメンはブラックペッパー、雑炊はゴマと青ネギで仕上げると美味。トッピングをいろいろ加えられるのも、ビュッフェスタイルのいいところですね。

ソフトクリームはチョコなどのトッピングも豊富です。全部のせちゃうよ~

 

旨辛を堪能した後はソフトクリームで、幸せの余韻に浸ったワタクシ(ビュッフェだからデザートもあるんです)。満足だ~。 

 

食後の達成感、みなぎるパワー、これは大発見。「鍋は冬のメニューでしょ?」と、チラッとでも思ったあなた、時流に乗りおくれますよ。GWにスパイスの宝庫、蒙古火鍋を味わって、パワーチャージしましょう。ごちそうさまでした!

 

しゃぶ鍋食べ放題 NS+

住所:新潟市中央区南笹口1-1-1ひもろぎビル2F

電話:025ー288-5501

営業時間:11時~23時(22時30分LO)

休み:なし

席数:82席

駐車場:提携あり

HP:http://ns-plus.jp/