サニーデイ・サービスのベーシストでありながら、年間600杯以上を食すラーメン評論家としても活躍している田中 貴(たなか・たかし)さん。
2016年11月25日発売の新潟Komachi 1月号からスタートした新連載「サニーデイ・サービス田中貴の新潟拉麺大学」の取材に同行した山倉が『復習』編としてお届けします。

まず、記念すべき1回目の授業でお邪魔したのが、新潟市の古町に店を構える「蓬来軒(ホウライケン)」。
新潟市のラーメンといえば「あっさりしょうゆ」ですが、その中でも屋台出身のラーメン店にお伺いしました。

 

屋台時代から守り続ける味

こちらの定番といえば澄んだスープの「らーめん」。1956年(昭和31年)に屋台として創業して以来、今もその古き良きあっさりしょうゆ味を守り続けています。

 

田中さん、興味津々です

今回が初めての来店だった田中さん。興味深く厨房の中で作るご主人を見ていました。
その姿を見ながら、「本当にラーメンが好きなんだな~」と感心する私(笑)。

 

三代目のご主人・三井篤司さん

二代目の奥様、その息子さんの三代目・三井さんが切り盛りしています。
手際よくテキパキと仕上げた一杯、いよいよ登場です!

 

 

次のページでは、田中さんがラーメンを実食! >