2018年1月11日(木)11時11分に、新しいラーメン店がオープン!
その名も「背脂 三銃士」
新潟市内で絶大な人気を誇る、吉相×だるまや×万人家という実力店がタッグを組んだ新店ということで、期待は高まります。

 

店の場所は新潟市東区の新松崎にあります

まだオープン前ですが、取材でお邪魔させていただきました。
場所は以前に「ちゃーしゅうや武蔵 新松崎店」があった跡地。逢谷内インターチェンジを降りて、新潟空港方面へ向かう途中です。
駐車場もしっかり完備されています。

 

のれんに書かれた「脂っしゃい!!」でお出迎え

いったいどんなお店なのでしょうか。
早速、潜入してみましょう。

テーブル席を中心に小上がりも備えた店内。おひとりさまでも家族連れでも安心して来られそうですね。
お水とおしぼりはセルフサービスのようです。

以前、JRA新潟競馬場で開催された「うまさぎっしり博」で大行列を作ったという3店舗のコラボ店。
メニュー表を見るだけでもワクワクします。

 

イチオシは「純白の背脂醤油らーめん」

店員さんにおすすめを聞いたところ、「純白の背脂醤油らーめん」がイチオシとのこと。
純白・・・って。いったいどんなラーメンなのか。
ほかのメニューも見てみましょう。

「ビアンカの豚丼」なるご飯物もありました。もうここまで見れば勘のいい人ならお気づきでしょう。
そうです、こちらのお店は県産豚「純白のビアンカ」をウリにしたラーメン店なのです!
初めて耳にした方へ説明すると、「純白のビアンカ」は、佐藤食肉がヤスダヨーグルトと長岡牧場と連携して生み出したブランド豚。香り豊かでさっぱりとした甘みとうま味を楽しめる上質な豚肉です。
そんなブランド豚をどんな風にラーメンに仕上げているのか。

 

純白のビアンカの背脂と豚肉を使った上品な一杯

それぞれのコラボ店の良さがうまく融合したビジュアル。たっぷりのモヤシと背脂の浮かぶスープが食欲をそそります。まずはスープをひとくち。

背脂の独特の臭みはなく、見た目以上にあっさりしたスープ。クドさもないのが印象的でした。丁寧に取られた動物系のスープと純白のビアンカの背脂が絶妙なバランスで調和しています。

スープを絡め取ってくれる麺は中細麺。このあたりは実力店の安定感を感じずにはいられません。
麺のボリュームもちょうど良く、おいしく食べられる量でした。

それぞれのコラボ店の一杯に比べると上品な印象のラーメンですが、モヤシの上にのっている辛味噌をスープに溶かしながら食べると味変も楽しめます。こちらはグループ系列店のちゃーしゅうや武蔵へのリスペクトを感じる演出。

 

チューシューも「純白のビアンカ」を使用

ほろりと口の中でとろけるチャーシューも背脂と同じく「純白のビアンカ」を使用。
まろやかなうま味と心地いい余韻を残す甘みを感じられる味わいで、これだけでも食べたいぐらいでした。

と思っていたら、どうやらお持ち帰りもできるようです。これはうれしいサービスですね。

 

今後はポイントサービスのスタートも!?

まだ準備中でしたが、ポイントカードのサービスも予定しているそうです。見る限りではおトクなサービスを受けられそうな予感。これは楽しみです。
新店ながら、すでに実力も備えた「背脂三銃士」。ぜひみなさんも足を運んで、その実力を確かめてください!

 

 

背脂 三銃士
[住所]新潟市東区新松崎2-3-1
[営業時間]11時~21時30分LO
[定休日]なし