AKB48の国内5番目となる姉妹グループとして、ここ新潟を拠点に活躍する「NGT48」。
4月に発売されたデビューシングル「青春時計」が、4/24付オリコン週間シングルランキング1位に輝いたことでも記憶に新しい彼女たち。
5月31日に行われた『AKB48 49thシングル選抜総選挙』中間発表での大躍進でも、また私たちを驚かせてくれました。

ということで、今の心境を本人たちに突撃インタビューしてきました!

 

ラブラ2の4階にあるNGT48劇場

取材で何度か来ているNGT48劇場。それでもドキドキします。

 

Komachi読者のみなさん、お久しぶりです!

まぶしいぐらいに元気な笑顔で出迎えてくれた3人。
実は荻野由佳さんはKomachiの誌面に登場してくれたこともあるのです。
2015年10月号「新潟ラーメン王国」で人生初(!?)となる食レポをしていただきました。
せっかくなので、そのときの誌面を見せると、

 

な、なつかしいー!!

NGT48メンバーの本間日陽さん、高倉萌香さんも興味津々。
荻野さん、取材後に何度かこのラーメン屋さんにも行っていたそうですよ。

 

それはさておき、本題に入りましょう!

 

『AKB48 49thシングル選抜総選挙』の速報で、NGT48からなんと11人がランクインし、“神7”には3人も。
NGT48 チームNIIIの高倉萌香さんが7位、本間日陽さんが5位、そして1位には荻野由佳さんが選ばれた。全国各地で「まさか!」の驚きに包まれる中、話題のNGT48の3人にお話を聞きました。

 

1位になることで、自分も周りも変わってくる

荻野さん : 昨年の総選挙では、「目標順位はないのか?」とか、91位だったという速報を受けて、「本番は91位より上に行けるといいですね」というコメントが多かったんです。
でも今年は違いました。そうですよね、1位になるとそれ以上のものはないので。「やっぱり目指すは1位ですか?」と、昨年はまったく頭にもなかったことを言われて、周りも、私自身も驚いてます。
1位になってからは、NGT48だけではなく、AKB48グループで楽しいことを企画したい!と思うようになりました。

 

 

次のページでは、本間日陽さんが登場です! >