県内外からも好評だった新潟Komachi7月号「料理好きのキッチン、台所のアイデア。」特集はご覧いただけましたでしょうか。
第一線で活躍する料理家の方々をはじめ、プロの収納術、掃除のコツなど、暮らしに役立つネタを紹介している中で、私は佐渡に移住した人たちの取材に行ってきました。

今では世界から注目を浴びている佐渡に、今から約25年前に移住した二人がいます。
T&M Bread Deliveryのオーナー夫妻、マーカスさんと智子さんです。

 

仲良く料理をする二人

二人が作る天然酵母のパンを求めて島内外からファンが訪れるT&M Bread Delivery。
こちらの取材をきっかけに島暮らしの台所も拝見させていただきました。

両津港から車で約1時間。山道を進んだ先に二人は暮らしています。

大型ショッピングセンター、コンビニがあることが当たり前のように暮らしている私にとっては、とても新鮮に感じられる場所でした。
二人の食卓は、まず裏の畑で野菜を収穫することから始まります。

 

山道をどんどん進むマーカスさん

パーマカルチャーの概念で野菜や果物を育てているマーカスさん。
パーマカルチャーとは、パーマネント(永続性)、農業(アグリカルチャー)、文化(カルチャー)を組み合わせた造語のことで、人と自然が豊かなになるような関係を築いていくためのデザイン手法のことです。

取材に訪れた日は、赤カブに似たビーツを収穫していました。

普段ではなかなか見かけることが少ないビーツ。街のスーパーマーケットで手に入れようとすると高価な場合もあるとか。
そんな野菜も二人は自ら育てて、食卓に取り入れています。
ビーツを使って、一体どんな料理が出来上がるのでしょうか。

 

 

次のページでは、ビーツ料理が登場 >