1. top
  2. FEATURE
  3. 冬の美味をめぐる、おいしい日帰り湯の旅

特集冬の美味をめぐる、おいしい日帰り湯の旅

FEATURE
新潟 Komachi
新潟 Komachi

11月25日から発売になる新潟Komachiの最新号では、その筆頭ともいえる「日帰り湯」と「冬の美味」について大特集! 本紙では「村上」「糸魚川」「佐渡」と、わざわざ出掛けて味わう価値があるグルメを日帰り湯とセットでご紹介しています。この記事では、そのうちの「村上」と「佐渡」をピックアップ!

 


 

【佐渡】加茂湖の真牡蠣を食べ放題で、とことん満喫!

加茂湖で牡蠣の養殖を手掛ける「あきつ丸」が、期間限定(12月1日~5月)で牡蠣料理店になるんです。牡蠣殻付き食べ放題プランはプラス800円で牡蠣フライ(一皿)が追加でき、さらにはプラス1,000円で牡蠣のしゃぶしゃぶ(1人前)もついちゃいます。

 

牡蠣のしゃぶしゃぶって、すごいパワーワードだと思いませんか? ブリしゃぶもいいですけど、これからの季節は「佐渡の牡蠣しゃぶ」をおすすめします。

 

 

牡蠣を堪能した後は、日本百景にも選ばれている加茂湖を見下ろす高台に立つ「朱鷺の舞湯」がある「佐渡グリーンホテル きらく」へ。泉質はナトリウム塩化物泉で、肌に優しく保湿効果を期待できますよ。アメニティーはボディーソープのみなので、ご注意を。

 


 

牡蠣料理 あきつ丸

[住所]佐渡市秋津976−1
[電話番号]090-2566-3420
[営業時間]11時20分~12時20分、12時40分~13時40分
[定休日]12月27日~2019年1月4日※営業期間は牡蠣の漁獲終了まで

 

朱鷺伝説と露天風呂の宿  佐渡グリーンホテルきらく

[住所]佐渡市原黒658
[電話番号]0259-27-6101
[営業時間]日帰り入浴14時30分~23時※22時最終受付
[定休日]不定休※要問い合わせ

 


 

【村上】プチプチと口の中で弾けるイクラ祭りへ!

イクラは一般的に冷凍したものを使うことで、いつでも楽しめるものですが、鮭の卵である以上は産卵期の今こそ、まさに旬なんですよね。一粒一粒に強い弾力があり、口の中で弾けて心地よいうま味が広がる感覚は、生のイクラならでは。村上を代表する老舗料亭「能登新」なら、はらこ丼はもちろん、鮭を余すことなく使った鮭のフルコースも味わえますよ。

 

この写真は、あくまで鮭のフルコースの一部でしかないんですからすごいですよね。創業270余年を数える料亭・能登新さんなら、見事な庭園に面した上品な個室で食事を楽しめますよ。村上牛もランチからオーダーできます。

 

せっかく村上まで出掛けたのなら、夕日が美しく見えるスポットとして全国的にも有名な瀬波温泉は外せませんよね。海に面した露天風呂が海抜30メートルの高台にある「ゆ処そば処 磐舟」なら、日本海に沈む夕日を眺める温泉としてぴったり。弱食塩泉の湯はさらりとした肌触りで、疲労回復や慢性皮膚病に効果があるそう。美しい景色とお湯でリラックスできそうですね。

 


 

料亭 能登新

[住所]村上市飯野2-1-9
[電話番号]0254-52-6166
[営業時間]11時30分~14時、17時~23時
[定休日]不定休

 

ゆ処そば処 磐舟

[住所]村上市瀬波温泉3-2-30
[電話番号]0254-50-7488
[営業時間]10時~22時(最終受付21時)
[定休日]木曜

 


 

佐渡の加茂湖の牡蠣、村上の生はらこと、どちらも今しか食べられない美味となれば、出掛けるしかありませんよね! もちろん食事を堪能した後は日帰り湯に寄って、日頃の疲れを癒やしてくださいね。

 

Komachi本誌では、この他にもグルメ自慢の日帰り湯施設など、グルメに特化した日帰り湯施設を紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

最新号の立ち読みはこちら

最新号をAmazonで購入する

この記事をシェアする
FaceBook Line Mail

この記事を書いた編集者

新潟 Komachi
新潟 Komachi

新潟Komachi編集部より耳寄り情報をお届けいたします。特集や各種企画のサイドストーリー、「実は!」という驚きネタ、最新号のご紹介もご紹介いたします。

この編集者の記事一覧へ

スポンサーリンク

雑誌だけの情報がたくさん!

Komachi

特集
日帰り湯と冬の美味


定価490円
掲載号の内容を見る Amazonで購入 バックナンバーを購入

この特集の記事

もっと見る

新潟 Komachiの記事

もっと見る