彫刻刀を使い分けて彫っていきます

続いて彫刻刀を使って、版木を彫っていきます。
細・太、丸・三角を使い分けて彫り進めていきます。

これが意外と難しい。刃物を使うので、取り扱いには十分ご注意を。
あせらずに、しっかり下絵にそって彫っていくことが大切です。
小学生ぶりに彫刻刀を握ったモデルさんは、最初はなれない手つきでしたが、徐々に慣れてきたようです。

もっとも時間がかかるのが、この作業でした。
しかし、夢中になって彫ることだけに集中する時間は、大人になってからは貴重なひとときです。

 

 

次のページで、いよいよ完成です! >